アリス幼児教室のモンテッソーリコースは、 子どもの発達に合わせ 早すぎず遅すぎない適切な時期に 多すぎず少なすぎない適切な援助をすることで、子どもの自発力を育てます。

モンテッソーリメソッドは、お子さまが一番力を発揮しやすい環境を用意し、個々の小さな成長を大切にする教育です。
個々の活動と集団の活動を通して、「こころ」「からだ」がバランス良く発達するよう指導します。

モンテッソーリ

モンテッソーリメソッドとは

モンテッソーリ教育(モンテッソーリきょういく、英:Montessori education または the Montessori method)は、20世紀初頭にマリア・モンテッソーリによって考案された教育法です。

イタリアのローマで医師として精神病院で働いていたモンテッソーリは知的障害児へ感覚教育法を施し知的水準を上げるという効果を見せ、1907年に設立した貧困層の健常児を対象とした保育施設「子どもの家」において、その独特な教育法を完成させた。以後、モンテッソーリ教育を実施する施設は「子どもの家」と呼ばれるようになりました。

シュタイナー教育と共に、既存の教育に不信感を持つニューエイジャーの支持を集めています。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』